山のように届く請求書、バンクイック・レイク・消費者金融でまとめる?

毎月毎月届くキャッシングの請求書、もはや督促と言っても過言ではない状況になってはいませんか?
返済日が決まっていることもわかっているし、その返済をしなくてはならないことも知っている、それでも返済ができないのだから仕方がないと諦めてはいないでしょうか。

借金を諦めることは今後の人生を諦めることと言っても過言ではありません。
返済日に返済をするという約束の元で借り入れているお金であり、その返済ができないということは契約違反となります。
単なる約束ではなく契約であることをしっかりと考えておかなくてはなりません。

もしキャッシング先がいくつもあるのであれば一つにまとめることで借金の状況が完結化する可能性はあります。
バンクイックもレイクも借り入れ金額が大きくなると金利が小さくなっていきます。
プロミスなどの消費者金融では総量規制の対象外となるおまとめローンを用意しています。
借金を放置するのではなく対策を練ることを考えなくてはなりません。
先が見えずに諦めてしまったのかもしれませんが、それでは本当のお先真っ暗になってしまいます。
借り入れ先がどこであれそこが正規の貸金業者であればなおさらのこと、借金の放置は現状の取立てではなく今後の生活に大きな支障をきたしていくこととなります。
増額であれ、おまとめであれ、債務整理であれ、なんらかの方法が必ずあります。
ここでは今ある借金と向き合うことを考えていきましょう。
バンクイック|WEB完結でお金を借りるはこちら

アコムの金利計算について

キャッシングを利用する際に、一番気にかかることは、利息の問題でしょう。
お金を借りるのですから、返済時には、利息を付加して返済しなければなりません。
実際、貸金業者の利益は、この利息からくるのですから、仕方のないことです。
そこで、アコムを利用した場合の金利計算について考えてみましょう。

アコムの適用金利は4.7%から18.0%とかなりの幅があります。
この適用金利は、債務者の適正や返済能力その他の項目によって決定されます。
また、基本的には、借入限度額が高いほど、適用利率は低くなります。

アコムの返済方法は、「元利定率リボルビング方式」を採用しています。
返済期間を指定して、毎月の返済額は一定という方式です。
実際の例で確認してみます。

10万円を18.0%で借入し、35日ごとに返済する場合

1年以内(10回返済)→毎回返済額11、000円→最終までの総支払額109、710円
2年以内(20回返済)→毎回返済額6、000円→最終までの総支払額118、930円
3年以内(25回返済)→毎回返済額5、000円→最終までの総支払額123、709円
4年以内(33回返済)→毎回返済額4、000円→最終までの総支払額131、987円

このように、期間を長くすれば、毎回返済額は少なくなりますが、最終までの総支払額は、逆に多くなります。
余裕があれば、期間を短くすればするほど、利息支払い負担は少なくなります。

キャッシングのシュミレーションはアコムのホームページで行うことができます。
まずは、シュミレーションで返済額を確認した上で、自分に合った返済プランをたてるようにしましょう。
アコムの審査と申込・借入・返済方法はこちら

カードローンにかかる時間外手数料とATMの利用手数料について

銀行のATMを使うと、同行であっても時間外となると特別に手数料をとられることがあります。ただしカードローンとなるとそれは起こりません。そもそも時間外という概念がないからです。カードローンはお金を必要としているときに、契約をしていればお金を借りることができるシステムです。ただし利用には条件があり、それを良く知っておかないと後悔してしまうこともあります。

最近の消費者金融は特にどこでも利用できる環境になっていますが、それが大きな弊害を生むことがあります。そのひとつとして、利用手数料が掛かることです。1万円未満であれば108円、1万円以上となると216円も掛かってしまいます。これはカードローン借り換えでも返済であっても同じです。多くの人は1万円以上の利用をしていることが多いことから、そのたびに216円もお金を支払っていることになります。大きな負担になることがわかるでしょう。

ただし消費者金融の店舗であれば、余計なお金が掛かりませんので、生活圏内の消費者金融を探して契約をするなど工夫が求められます。また会員ページからインターネットバンキングを利用すると、余計な出費を抑えることができ、無料で利用できる環境も揃っていますので、工夫をして負担にならない利用方法をすることをおすすめします。また銀行カードローンとなると、利用手数料が無料になっていますので、その点からも申し込みをする際によく注意して選んでおくと良いでしょう。

24時間申し込み可能な消費者金融を利用するメリット

24時間申し込み可能な消費者金融を利用するメリットは、日中は申し込みをしている時間がないという人でも、夜間に申込をしておくことで審査を受けられるという点です。もちろん、実際に審査をするのは日中の営業時間になりますが、特に急いでいないのであれば、空いている時間に審査の結果を確認できるため、24時間申し込み可能な消費者金融に申込むことには、利便性が高いという点で優れています。
最近は、インターネットでの申し込みに対応している業者が多いため、ほとんどの業者が24時間申し込み可能となっています。しかも、一定時刻以内に申込を完了させれば、当日振込みも可能である業者が多くなっています。おおむね午後二時までに申し込み後の契約まで済ませた場合には、即日振込可能となっている場合が多いです。
消費者金融業者はこのような取り組みをすることで、数多くの顧客を取り入れることに成功しています。かつてはグレーゾーン金利により過払い問題でイメージが悪化しましたが、現在はその反省を踏まえて、法令を遵守して活動しています。したがって、違法な金利での貸し付けや厳しい取り立てなどはありません。そのため、安心して利用すると良いでしょう。
ただし、24時間申し込み可能などの利便性から、安易に申し込む人が多いですが、借金は本来最低限に抑えておかないと、返済が困難になってしまう原因となりますので、よく考えて計画的に利用するようにしてください。