キャッシングを利用する際に、一番気にかかることは、利息の問題でしょう。
お金を借りるのですから、返済時には、利息を付加して返済しなければなりません。
実際、貸金業者の利益は、この利息からくるのですから、仕方のないことです。
そこで、アコムを利用した場合の金利計算について考えてみましょう。

アコムの適用金利は4.7%から18.0%とかなりの幅があります。
この適用金利は、債務者の適正や返済能力その他の項目によって決定されます。
また、基本的には、借入限度額が高いほど、適用利率は低くなります。

アコムの返済方法は、「元利定率リボルビング方式」を採用しています。
返済期間を指定して、毎月の返済額は一定という方式です。
実際の例で確認してみます。

10万円を18.0%で借入し、35日ごとに返済する場合

1年以内(10回返済)→毎回返済額11、000円→最終までの総支払額109、710円
2年以内(20回返済)→毎回返済額6、000円→最終までの総支払額118、930円
3年以内(25回返済)→毎回返済額5、000円→最終までの総支払額123、709円
4年以内(33回返済)→毎回返済額4、000円→最終までの総支払額131、987円

このように、期間を長くすれば、毎回返済額は少なくなりますが、最終までの総支払額は、逆に多くなります。
余裕があれば、期間を短くすればするほど、利息支払い負担は少なくなります。

キャッシングのシュミレーションはアコムのホームページで行うことができます。
まずは、シュミレーションで返済額を確認した上で、自分に合った返済プランをたてるようにしましょう。
アコムの借り方|アコムの審査に通る人・落ちる人のポイント【保存版】はこちら

Tagged: Rush