審査が甘いカードローンの特徴は、金利が高いことが挙げられます。カードローンの金利は利息制限法で定められています。元本10万円未満なら年20%、10万円以上100万円未満なら年18%、100万円以上なら年15%が上限金利となっています。この上限金利ぎりぎりで貸付けているカードローンが審査が甘い傾向になります。
これを踏まえていうと、金利の最も低い銀行カードローンが一番審査が厳しく、大手消費者金融、中小消費者金融と会社の規模が小さくなるにつれ、審査が甘いという傾向になっています。特に中小の消費者金融は、積極的にCMを打たないので知る人ぞ知る存在です。また店舗も1店舗のみでネット営業に重点を置いていることが特徴です。ほとんど営業費にお金をかけないので、幅広い方に融資が可能となるのです。
さらに審査が甘い中小の業者は、利便性が低いのが特徴です。自動契約機がなく、ローンカードも発行されない場合がほとんどです。そして必要書類も多く、借り入れ額に関わらず収入証明書の提出がほぼ義務づけられています。最近は即日融資こそ行う中小の業者も増えて来ていますが、来店のみ即日融資が可能というケースもあるのです。また借り入れや返済は、銀行振込みになります。また50万円までの少額貸付けに特化しており、特に10万円未満の貸付けとなるケースが多いです。なぜなら10万円以上の貸付けなら金利が年18%となるため、年20%とちょっとでも良い条件で貸付けられる10万円未満の貸付けがメインとなるのです。
関連サイト

Tagged: Rush